心や精神の病気にはさまざまな種類がありますが、その中でも「適応障害」と「ADHD」はよく耳にする言葉ではないでしょうか。

適応障害とは、人生に起こる大きな変化やストレスに対応できずに、心のバランスを崩してしまう病気です。
ADHDとは、注意力や集中力が低く、落ち着きがなく、衝動的に行動するという特徴を持つ発達障害です。

これらの病気は、学校や仕事、人間関係などに影響を与えることがあり、本人や周りの人にとって大きな悩みになることがあります。
しかし、適応障害とADHDは、その原因や症状、治療法などに大きな違いがあります。

この記事では、適応障害とADHDの違いと共通点を分かりやすく解説していきます。

Sponsored Link

適応障害とは何ですか?

適応障害とは、人生に起こる大きな変化やストレスに対して、うまく対処できないときに起こる心の病気です。
たとえば、引っ越しや転校、親の離婚や死別、いじめや虐待、恋人との別れなどが原因になることがあります。

適応障害になると、以下のような症状が現れます。

・気分が落ち込んだり、泣いたりする

・不安や恐怖を感じたり、パニックになったりする

・怒りやイライラを感じたり、暴力的になったりする

・学校や仕事に行きたくなくなったり、集中力ややる気がなくなったりする

・友達や家族との関係が悪くなったり、孤立したりする

・睡眠や食欲が変わったり、体の不調を感じたりする

適応障害は、ストレスの原因がなくなれば、自然に治ることもありますが、放っておくと悪化することもあります。

適応障害になったときは、心療内科や精神科などの専門医に相談することが大切です。
また、家族や友達など周囲の人に悩みを打ち明けたり、励ましてもらうことでも症状が軽くなります。

適応障害になった人は、自分の気持ちを話したり、聞いてもらったりすることで、安心感や自信を取り戻すことができるのです。

Sponsored Link

ADHDとは何ですか?

ADHDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、日本語では注意欠陥多動性障害と言います。

ADHDは、生まれつき脳の働きに特徴があるために、注意力や集中力が低く、落ち着きがなく、衝動的に行動するという心の病気です。
ADHDは、幼児期から発症することが多く、成長とともに症状が変化することがあります。
ADHDになると、以下のような症状が現れます。

・じっとしていられなかったり、動き回ったりする

・話を聞いたり、指示に従ったりするのが苦手だったりする

・物事に飽きやすかったり、忘れ物が多かったりする

・順番を守ったり、ルールを守ったりするのが苦手だったりする

・思いついたことをすぐに口に出したり、行動したりする

・学校や仕事で成績が悪かったり、トラブルが多かったりする

・友達や家族との関係がうまくいかなかったり、自己評価が低かったりする

ADHDは、薬やカウンセリングなどの治療で症状を改善することができます。
しかし、ADHDは完全に治るということはありません。

ADHDの人は、自分の特性を理解し、それに合わせた生活習慣や学習方法を身につけることが大切です。
また、家族や友達などの理解や支援も必要です。
ADHDの人は、自分の長所や強みを見つけたり、自分に合った目標を立てたりすることで、自信ややりがいを持つことができます。

適応障害とADHDの違いは何ですか?

適応障害とADHDは、どちらも心や精神の病気ですが、違いがあります。
適応障害とADHDの違いは、以下の通りです。

適応障害は、人生に起こる大きな変化やストレスが原因で起こる心の病気です。

ADHDは、生まれつき脳の凹凸や未発達が原因で起こる精神(心)の問題です。

適応障害は、ストレスの原因がなくなれば、自然に治ることもあります

ADHD(発達障害)は、現代医学では治すことができません

適応障害は、気分が落ち込んだり、不安や恐怖を感じたりすることが多いです。

ADHDは、注意力や集中力が低く、落ち着きがなく、衝動的に行動することが多いです。

適応障害は、環境や周囲によって、後天的に引き起こされるメンタルの病気です。

ADHDは、先天性の脳機能異常ですので、発症の仕方が全く違います。

適応障害は誰にでもなる可能性がある心の病ではあるけど、ADHDは、最初からある人とない人がはっきりしています。

適応障害とADHDの原因には、どちらも心理的な要因が関係していることです。

適応障害は、ストレスによる心の傷やトラウマが原因となることがあります。

ADHDは、自己肯定感の低さや不安感が原因となることがあるのです。

Sponsored Link

適応障害とADHDの共通点とは

適応障害とADHDは、どちらも心や精神の病気ですが、共通点もあります。適応障害とADHDの共通点は、以下の通りです。

・適応障害とADHDは、目に見えないので、周りの人に理解されにくいことがあります。
本人も自分の状態を認めたくなかったり、隠したり、無理をしたりすることがあるのです。

・適応障害とADHDは、どちらも学校や仕事、人間関係などにマイナスの影響を与えてしまうことがあります。
成績や業績が低下したり、トラブルや孤立が起きたりすることがあるのです。

・適応障害とADHDは、どちらも自分の気持ちや考え方に影響を与えてしまうことがあります。
適応障害の人は、自分を責めたり、自信を失ったりすることがあるのです。
ADHDの人は、自分をコントロールできないと感じたり、自己評価が低かったりすることがあるのです。

適応障害とADHDは、それぞれ違う病気ですが、どちらも心のケアが必要です。

適応障害の人は、ストレスの原因を解決したり、専門医に相談したりすることで回復に向かうことができます。
ADHDの人は、薬やカウンセリングなどの治療を受けたり、自分の特性を理解したりすることで生活の質を向上させることができます。

まとめ

今回は、適応障害とADHDという二つの精神や心の病気について、違いと共通点をお伝えしていきました。

適応障害は主に、心や精神が弱かったり、環境運が悪くてなってしまう病気です。
治すことも出来るので、普通の病気とある意味同じように扱うこともできます。

しかしADHD(発達障害)は、生まれた時からある脳の凹凸や未発達です。
一生、ADHDの特性と付き合っていかなければならないので、苦労はまるで違います。

適応障害とADHDは、どちらも心や精神の病気ですが、その原因や治療法は異なります。
適応障害は、ストレスによって引き起こされる心の病気で、原因がなくなれば自然に治ることもあります。
ですが、放っておくと悪化することもあります。

適応障害になった人は、心療内科や精神科などの専門医に相談し、薬やカウンセリングなどの治療を受けることが必要なのです。

ADHDにはストラテラやコンサータといった症状を抑えるお薬はありますが、治すことはできません。
副作用もあるし、人によっては症状が軽減されないこともあります。

適応障害は治すことが可能な心の病ですので、早めに治療をして学校や社会に復帰して欲しいと思います。

Sponsored Link