将来的に「引きこもりになるかどうか」を診断する「性格のテストプログラム」を作成しました。
簡単ではありますが、ある程度は参考になると思います。

質問内容は、dsm-5(アメリカ精神医学会が作成した「精神疾患の診断と統計マニュアル」)を参考にしています。

Sponsored Link

将来引きこもりになってしまうかもしれない性格を診断するテスト

以下の質問に「はい」か「いいえ」でお答えください。
「はい」の数に応じて、結果が表示されます。

引きこもり性格診断テスト

引きこもり性格診断テスト

人との関係を築くのが苦手で、友達が少ないですか?

自分の意見を言うのが難しく、他人に合わせることが多いですか?

何かに挑戦するのが怖くて、リスクを避けることが多いですか?

自分の外見や能力にコンプレックスを持っていますか?

人から批判されると、深く傷ついたり、怒ったりしますか?

自分の気持ちを抑え込んで、感情を表に出さないことが多いですか?

人と話すときに、目を合わせるのが苦手ですか?

人と一緒にいると疲れてしまい、一人になりたいと思うことが多いですか?

自分のことを理解してくれる人がいないと感じますか?

自分の部屋にいるときが一番落ち着きますか?

仕事や学校に行くのが嫌で、休んだり、辞めたりしたいと思いますか?

自分の気持ちや考えを人に伝えるのが難しいと感じますか?

自分のことを他人と比べたり、劣っていると思ったりしますか?

自分のことを変えたいと思ったことがありますか?

インターネットやゲームなどの趣味に没頭することで、現実から逃げたいと思いますか?

結果発表とアドバイス

このテストでは、あなたの引きこもり度に応じて、4つのタイプに分けます。それぞれのタイプは、以下のようになります。

引きこもり度が0~3の場合

社会適応型です。
あなたは社会に適応できる自信とコミュニケーション能力があります。
引きこもりになる可能性は低いです。

引きこもり度が4~7の場合

内向型です。
あなたは人との関係を築くのが苦手ではないですが、自分の意見や感情を言うのが難しいことがあります。
引きこもりになる可能性はやや低いです。

引きこもり度が8~11の場合

不安型です。
あなたは人との関係を築くのが苦手で、自分に自信がありません。
引きこもりになる可能性はやや高いです。

引きこもり度が12~15の場合

逃避型です。
あなたは人との関係を築くのがとても苦手で、自分を変えたいと思わないです。
引きこもりになる可能性は高いです。

Sponsored Link

引きこもり度に応じた4つのタイプ

それぞれのタイプには、特徴と強みと弱みがあります。
それらを知ることで、自分の性格や習慣を見直すことができます。
それでは、各タイプの特徴と強みと弱みを見ていきます。

社会適応型

社会に適応できる自信とコミュニケーション能力があります。引きこもりになる可能性は低いです。

特徴:人との関係を築くのが得意で、友達が多いです。
自分の意見を言うのが上手で、他人と協力することができます。

強み:社会性が高く、人とのコミュニケーションがスムーズです。
自分に自信があり、積極的に行動できます。
チームワークやリーダーシップに優れています。

弱み:自分の意見や感情を押し付けたり、他人を見下したりすることがあります。
自分のやり方に固執したり、柔軟性や妥協力に欠けることがあります。
自分の欲求や目標に執着しすぎて、他人の気持ちや状況を考えないことがあります。

アドバイス:自分の長所を誇らしく思ってください。
しかし、自分の短所も認めて、改善しようと努力してください。
他人の意見や感情を尊重して、聞く耳を持ってください。

自分のやり方以外にも、有効な方法があることを認めて、柔軟に対応してください。
自分の欲求や目標を追求することは大切ですが、それだけでなく、他人の幸せや社会の貢献も考えてください。

内向型

人との関係を築くのが苦手ではないですが、自分の意見や感情を言うのが難しいことがあります。
引きこもりになる可能性はやや低いです。

特徴:人との関係を築くのに必要最低限のコミュニケーションはできますが、深い関係にはなりにくいです。
自分の意見や感情を言うのが苦手で、他人に合わせることが多いです。
何かに挑戦するのが怖くて、リスクを避けることが多いです。

強み:協調性が高く、人とのトラブルが少ないです。
忍耐力や我慢力があり、困難に耐えることができます。
慎重で、計画的に物事を進めることができます。

弱み:自分の意見や感情を表現できないため、ストレスや不満が溜まりやすいです。
自分に自信がなく、消極的になりがちです。チャレンジや変化を嫌って、現状維持に安住することがあります。

アドバイス:自分の意見や感情を言うことは、人との関係を深めることにつながります。
自分の気持ちを素直に伝えて、相手の反応を見てみてください。

自分の意見や感情を言うことは、自分を尊重することでもあります。
自分に自信を持って、積極的に行動してみてください。何かに挑戦することは、自分の成長や発見につながります。
リスクを小さくして、目標を設定して、挑戦し続けてみてください。

不安型

人との関係を築くのが苦手で、自分に自信がありません。
引きこもりになる可能性はやや高いです。

特徴:人との関係を築くのがとても苦手で、友達が少ないです。
自分の意見や感情を言うのが難しく、他人に合わせることが多いです。

何かに挑戦するのが怖くて、リスクを避けることが多いです。
自分の外見や能力にコンプレックスを持っています。

強み:思いやりがあり、人の気持ちに寄り添うことができます。
真面目で、約束やルールを守ることができます。
独創的で、独自の視点やアイデアを持っています。

弱み:自分の意見や感情を表現できないため、ストレスや不満が溜まりやすいです。
自分に自信がなく、消極的になりがちです。
チャレンジや変化を嫌って、現状維持に安住することがあります。

自分の外見や能力にコンプレックスを持っているため、自分を否定したり、他人と比較したりすることがあります。

アドバイス:自分の意見や感情を言うことは、人との関係を深めることにつながります。
自分の気持ちを素直に伝えて、相手の反応を見てみてください。

自分の意見や感情を言うことは、自分を尊重することでもあります。自分に自信を持って、積極的に行動してみてください。
何かに挑戦することは、自分の成長や発見につながります。
リスクを小さくして、目標を設定して、挑戦し続けてみてください。

自分の外見や能力にコンプレックスを持っていることは、自分の個性や魅力でもあります。
自分を受け入れて、改善する方法を探してみてください。
自分のことを他人と比べるのではなく、自分のペースで成長してみてください。

逃避型

人との関係を築くのがとても苦手で、自分を変えたいと思わないです。
引きこもりになる可能性は高いです。

特徴:人との関係を築くのが極端に苦手で、友達がほとんどいません。
自分の意見や感情を言うのが難しく、他人に合わせることが多いです。

何かに挑戦するのが怖くて、リスクを避けることが多いです。
自分の外見や能力にコンプレックスを持っています。

人から批判されると、深く傷ついたり、怒ったりします。
自分の気持ちを抑え込んで、感情を表に出さないことが多いです。

人と話すときに、目を合わせるのが苦手です。
人と一緒にいると疲れてしまい、一人になりたいと思うことが多いです。
自分のことを理解してくれる人がいないと感じます。

自分の部屋にいるときが一番落ち着きます。
仕事や学校に行くのが嫌で、休んだり、辞めたりしたいと思います。
自分の気持ちや考えを人に伝えるのが難しいと感じます。
自分のことを他人と比べたり、劣っていると考えてしまします。

強み:自分の世界が豊かで、独自の視点やアイデアを持っています。
忠実で、自分の信念や価値観を守ることができます。
独立心が強く、自分のことは自分でできることが多いです。

弱み:自分の意見や感情を表現できないため、ストレスや不満が溜まりやすいです。
自分に自信がなく、消極的になりがちです。

チャレンジや変化を嫌って、現状維持に安住することがあります。
自分の外見や能力にコンプレックスを持っているため、自分を否定したり、他人と比較したりすることがあります。

人から批判されると、深く傷ついたり、怒ったりします。
自分の気持ちを抑え込んで、感情を表に出さないことが多いです。
人と話すときに、目を合わせるのが苦手です。

人と一緒にいると疲れてしまい、一人になりたいと思うことが多いです。
自分のことを理解してくれる人がいないと感じます。

自分の部屋にいるときが一番落ち着きます。仕事や学校に行くのが嫌で、休んだり、辞めたりしたいと思います。
自分の気持ちや考えを人に伝えるのが難しいと感じます。

自分のことを他人と比べたり、劣っていると思ったりします。
自分のことを変えたいと思わないです。
インターネットやゲームなどの趣味に没頭することで、現実から逃げたいと思います。

アドバイス:自分の意見や感情を言うことは、人との関係を深めることにつながります。
自分の気持ちを素直に伝えて、相手の反応を見てみてください。

自分の意見や感情を言うことは、自分を尊重することでもあります。
自分に自信を持って、積極的に行動してみてください。
何かに挑戦することは、自分の成長や発見につながります。

リスクを小さくして、目標を設定して、挑戦し続けてみてください。
自分の外見や能力にコンプレックスを持っていることは、自分の個性や魅力でもあります。
自分を受け入れて、改善する方法を探してみてください。

自分のことを他人と比べるのではなく、自分のペースで成長してみてください。
自分のことを変えたいと思うことは、自分の可能性を広げることでもあります。
変えたいことを具体的にして、行動に移しましょう。

インターネットやゲームなどの趣味に没頭することは、自分の楽しみや癒しでもあります。
趣味の時間を制限して、現実に向き合いましょう。

Sponsored Link

引きこもりとはどんな状態なのか

引きこもりとは、社会的な活動や人間関係から離れて、自宅や部屋にひきこもることです。
引きこもりの期間は人によって異なりますが、一般的には6ヶ月以上とされています。

引きこもりの人は、仕事や学校に行かない、友達や家族と話さない、外出や趣味をしないなど、日常生活に支障をきたしています。

引きこもりになる原因とリスクとは

引きこもりになる原因は、一つではありません。
心理的な要因としては、自己肯定感の低さ、コミュニケーションの苦手さ、不安やうつなどの精神疾患が挙げられます。

社会的な要因としては、学校や職場のいじめやストレス、家庭の問題や経済的な困難などがあります。
また、インターネットやゲームなどの依存も、現実逃避の手段となっています。

引きこもりになると、さまざまなリスクがあります。
健康面では、運動不足や栄養不足による肥満や病気、睡眠障害や生活リズムの乱れなどが起こります。

精神面では、孤独や無気力、自己嫌悪や自殺念慮などが深刻化します。

社会面では、就職や結婚などの人生のチャンスを失ったり、家族や社会とのつながりを断たれたりします。

引きこもりにならないための対策とは

引きこもりにならないためには、以下のような対策が有効です。

自分の生活習慣を改善する

引きこもりは、生活習慣が乱れやすく、睡眠不足や過食、運動不足などが起こります。
自分の生活習慣を改善することで、心身の健康を保つことができます。

生活習慣を改善するには、定期的に起床・就寝する、バランスの良い食事を摂る、適度な運動をする、日光を浴びる、水分を十分に摂るなどが有効です。
生活習慣を改善することは、自分をコントロールすることの基本です。

自分の居場所や仲間を見つける

引きこもりの人は、社会や人とのつながりを失ってしまうことがあります。
自分の居場所や仲間を見つけることで、社会に参加することができます。

自分の居場所や仲間は、学校や職場、サークルやコミュニティ、支援団体や施設など、自分が安心して楽しく過ごせる場所や人であれば何でも構いません。
自分の居場所や仲間を見つけることは、自分を支えることの力です。

自分の気持ちや悩みを誰かに話す

引きこもりの原因や症状は人それぞれですが、多くの場合、自分の気持ちや悩みを抱え込んでしまうことがあります。
自分の気持ちや悩みを誰かに話すことで、ストレスや孤独感を軽減し、自分の状況を客観的に見ることができます。

話す相手は、家族や友人、学校や職場の人、ネット上の仲間、専門家など、信頼できる人であれば誰でも構いません。
話すことは、自分を受け入れることの第一歩です。

自分の興味や目標を見つける

引きこもりの人は、自分に自信がなく、やりたいことやできることがないと感じることがあります。
自分の興味や目標を見つけることで、自分の価値や意味を感じることができます。

興味や目標は、趣味や勉強、仕事やボランティアなど、自分が楽しくやりがいを感じることであれば何でも構いません。
興味や目標は、自分を変えることのモチベーションです。

Sponsored Link

まとめ

このテストでは、あなたの性格を4つのタイプに分けて、引きこもりになる可能性を診断しました。
それぞれのタイプには、特徴と強みと弱みがあります。
それらを知ることで、自分の性格や習慣を見直すことができます。

引きこもりになる可能性が高いという結果が出たとしても、将来的にそうなるわけではないです。
このテストは、あくまで参考程度にしてください。

もし自分が将来ひきこもりになるかもしれないと思ったのであれば、意識的にそうならないように心に強く留めておいて欲しいと思います。

一度引きこもりになってしまうと、社会復帰が本当に大変です。

現在の日本では、一度社会のレールから外れると、普通の人に戻るのは容易ではありません。

新卒主義から能力主義に変わってきてはいますが、それでも引きこもりになってしまうとマイナスです。

そうならない為にも、今から強い意志を持って「引き篭もりにならない」と信念を持って欲しいと思います。

Sponsored Link